ブログ

保身

誰しも保身というものは、多かれ少なかれ持っているわけですが、

組織にあって、この保身の強い人間を上司に持つことは甚だ遺憾なことです。

上司たるもの、会社方針に従い、部下の成長を促し、時に厳しく、時に守り、必要であれば上に進言するような、人としての規範精神を持たなければなりません。

が、人の心部分を見抜けない、あるいは、それを是非の判断としない、自己保身の強い上司を持つことになった部下は苦労も多い。

はたまたこれが、上ばかりに顔を向けた組織のNO2の存在となれば、下の者は、日々における職務に対峙する気力も、いっそう萎えてしまうかもしれません。

更に不幸なのは、TOPがNO.2の在り方に盲目である場合です。
大企業となれば、まだ個人の職務を全うすることで救われる部分があるかもしれませんが、
中小零細企業にあって、このような上司や、NO2、そして、人の心と判断に盲目なTOPが君臨するような会社に希望は持てません。とっとと退散すべきでしょう。

まあ、末端まですべてが保身に覆われたどうしようもない組織もありますが。