ブログ

最大の応援者

車を買い換えた途端、迂闊な一旦停止や駐車違反で取り締まられることが続け様に発生。

違反は違反であっても、見れば前後がしているのに、私だけが何故運悪く・・
その他、諸々と運が付かない事が多い気がして・・

しかしある日、この人ははたと気がついたのです。

「この車が来てからろくなことがない」
運転すれば、運の悪いことを車内でぶつぶつあげつらい、不満を車に向けていた自分に。
そんな主人を運ぶ車は、さぞ嫌な想いをしていたのだろうと。
恥ずかしき我が心を、申し訳なさで洗ったその人は、自分の車のハンドルに、愛情をもって小さなリボンをかけてあげたのだそうです。


その後、何も起こらなくなったのは言うまでもないこと。

此の場合に限らず、同様に思う事は多々ありますね。

せっかく与えられた唯一なる自分の身体、そして人生事情。
それを、感謝の気持ちを忘れて周りを羨み、卑下して。
日々を共にして生きているこの身体と心。
自分という存在を自ら否定し、手放してしまったらあまりに「我」が不憫。
もっと自分を愛してあげなければ。
最大の応援者は自分自身であり、信頼に足る自分にしていかなければ、
「人生を棄てないでよ」と、自分が悲しむだけでしょう。