ブログ

人生の踊り場

人生上には、その都度人生階段の踊り場というものがあります。
人生の階段を上っていく途上での踊り場。
歩を前に進めれば、やがて少しばかり開けるその踊り場。
そこで遭遇する人の縁や事象というものは、その時点における自分自身に相応しい形で現れるのです。

 

例えばA段階、B段階の踊り場で遭遇する事象と人。
そしまた、C、D・・と階段を上っていきながら、
気がつけば、下方に様々な場面と多くの人によって、気付と成長を与えてくれた階段が見えます。
それらは、自分の心の在り方次第で、再び次の階段へと我を運んでくれるのです。

 

で、人の縁も、最初に出遭う人や事象が、EやFや、その先であってもいけない。
同じくEやF段階で会う人が初期の段階であってもまたうまくいかない。
経験や遭遇の後先は、その時折においての必然性をもっている。
AやBの踊り場で遭遇する事象や人の縁。
そこでの経験と気づきによって、現在の我が活かされ生きているともいえるのです。
人生は実に微妙なタイミングで複雑に綾織られていきます。
が、不思議であって何ら不思議なことなどありません。
人生における良いことも悪いことも、何一つ偶然はなく全ては必然。

 

心姿勢を正しく前を向け、誠実に生きるならば、その都度人生階段上に、その時々の自己に相応しい
成長の踊り場が用意されているってことです。

 

そう考えると、EVで一気に最上階へ向かうよりも、一歩ずつ踏みしめ、時に息切らせながら上る階段も
楽しいじゃないですか。

 

ほら、もう少し、
次の踊り場では何が待ち構えているのでしょう。
きっとまたまた相応しい人の縁と事象。
私はこれまでの私の人生で、それを確信できるのです。

大切なのは、上り階段に背を向け、下に降りて行かないこと。
まっ、下にも踊り場はあるわけで、
下がるも上がるもそれぞれの自由。